ushidayの日記

主に「IBMi」のメモに・・・

トランザクション分離レベル・省略値の違い

以前は、IBM i(AS/400)上のZend Coreにデプロイしてテストやリモートデバッグをしていたのですが、最近は、Windowsのローカル環境に立てた、Zend Server for Windowsでテストやデバッグをしてから、AS/400にデプロイしています。一人チーム開発なので、人の…

第三回Haskell読書会

第三回Haskell読書会が静岡市民文化会館で、開催され無事終了致しました。 スピーカーのid:kynbitさん、高校生という若さでLTをしてくれたSupakiくん、関係者並びにご参加頂いた皆様ありがとうございました。 ついつい話が脱線しがちな中、kynbitさん曰く、…

SigmaGridを使ってみた(その3)

SigmaGridには、サーバーサイドページングとサーバーサイドソーティングの機能もあるので、そっちを使ってみました。今回はページングです。 サーバーサイドページング gridオプションの「remotePaging」を”true”にします。PHPのサンプルは”デモディレクトリ…

SigmaGridを使ってみた(その2)

普通にSigmaGridとjQuery uiを使いますと、表示の階層で少し手入れが必要になります。 実行環境 Sigma Grid 2.2 jQuery 1.4.2 jQuery ui 1.8RC3 例えば普通にjQuery uiの”autocomplete”や”datepicker”を使うとこうなります。 ■autocomplete ■datepicker 調べ…

SigmaGridを使ってみた(その1)

今ゴショゴショやっている案件で、AJAXライブラリは、jQueryを使っておりまして、uiのプラグインはjQuery uiを使っております。グリッドコンポーネントは、”jqGrid”というプラグインがあるのですが、JSONデータを渡す際に、独自のフォーマット(idとcellのHa…

第三回Haskell読書会@Shizu-Devお知らせ

第三回Haskell読書会開催を行いますので、お知らせ致します。 今回は第四章です。メインは...何だろう?まだ読んでないので、読まないと...。:-P 第三回Haskell読書会 開催要項 以下の要領でHaskell読書会を開催いたします。 日 時 : 2010年3月27日(土) 1…

ZendServer CEの環境変数

ローカルになんちゃって、IBM i(AS/400)の環境を作りたくて(個人では買えないですから...)、DB2 for WindowsとZend Sever CE 5.0 for Windowsを入れました。 そもそも、イケない感じはしていたのですが、DB2の入れた順序が悪いらしく、 DB2 Express-C V9.7…

第二回Haskell読書会

第二回Haskell読書会が無事終了いたしました。今回、体調が悪く絶不調であまり発言する元気がなかったので、少しおとなしめで終わってしまいました。第三回頑張ります。(最近モヤットなのでパーッと飲みに行きたい!!)内容ですが、スピーカのたかはしさん…

Zend Server CE 4.0.6 for Winを入れてみた

Zend Server CE(Community Edition)4.0.6をWindows環境に入れて、IBM i(AS/400)のDB2とゴタゴタやったので、メモしておきます。■動作環境 IBM i V5R4M0 Windows XP SP3 Zend Server CE 4.0.6 (PHP 5.2.11) for Windows DB2 Connect Personal Edtion V9.1…

第二回Haskell読書会@静岡Developers勉強会

第二回Haskell読書会@shizu-devが、いよいよ来週となりましたので、この場をかりて告知させて頂きます。 詳細はこちら 第二回Haskell読書会 以下の要領でHaskell読書会を開催いたします。 日 時 : 2010年2月27日(土) 13:00〜17:30 場 所 : 静岡市産学交…

Zend Framework Controllerメモ

Zend_Controllerを使ってみた時のメモを残しておきます。 httpd.confの設定 Zend Framework(ZF)では、URL変換に”mod_rewrite”モジュールを使用しているので、「/usr/local/Zend/apache2/conf/httpd.conf」を以下の様に書き換えます。 #LoadModule rewrite_mo…

Zend Core for i5で国際化&ローカライズ

IBM i(AS/400)の5250アプリで、多言語対応する場合は、”*MSGF”を使ったり、画面制約に縛られたりで、実装も保守も個人的には「面倒だ」というネガティブなイメージがあります。(中には画面やメニューだけ別言語で書き直して、OVRDSPFなんてのもあります。…

PASE環境でbash,zshを使う場合

IBM i(AS/400)には、PASE環境でコマンド処理をする為の、5250で使えるターミナル(※”call qp2term”で実行)があります。 このターミナルですが、ログインシェルは”shやbsh”(リンク元は”/QOpenSys/QIBM/ProdData/OS400/PASE/bin/ksh”)で、当然キーバインド…

QCCSID5026の弊害

「Zend Core i5 の起動について」という日記を以前書いたのですが、その後、起動出きない原因が分かったので、書いておきます。 レガシーな環境だと、AS/400(IBM i)のシステム値”QCCSID”が、未だに”5026”だったりします。モダンな環境ですと”5035”なのでしょ…

MySQL&IBMDB2iのベンチマーク

以前書いた日記の「IBMDB2i ストレージエンジン」MySQL IBMDB2iストレージエンジンで、PDOとMySQL関数でのベンチマークを、前回と同じ条件でやってみました。もしIBM i(AS/400)上のDDSから生成した既存の物理ファイルからデータを移行するには、まず先にIBMD…

PDOとDB2関数のベンチマーク

PDOとDB2関数で、大きな違いは出ないと伺ってはいたのですが、やらないと気が済まないもので、ベンチマークを比較しててみました。 PDOの方で、途中DBに結果が、反映されなくて、気付いたのですが、Write,Update処理にジャーナルが必要そうです。昔MSとか…

Zend Core i5 の起動について

先日導入した、”Zend Core i5 2.6”が、IBM i(AS/400)のIPL完了後に、Apacheのインスタンスが起動していません。ZENDCORE/ZENDのサブシステムは起動しているんだけど...。 で、調べてみると、こんな情報もあったので”System i5 - ZEND Products - Automatic…

PDOでハマル

新しく”Zend Core i5”を入れ替えたので、PDOを試してみたら、しょーもない事でハマッたのでメモを残します。 IBMのDB2用のドライバは、”pdo_ibm.so”のextesionが、php.iniで有効になっていれば使えます。 でもって、RedBookとか、関数リファレンスに使い方が…

GData APIでGoogleスプレッドシートを使う

静岡Developers勉強会(SZD)で、Haskellの読書会をしている事は、何度かお伝えしているのですが、申し込みフォームに”Google Docsのスプレッドシート”を使用しています。 このスプレッドシートは、何処でも使えて、運営委員との共有、フォーム作成、結果の…

PASEのtarって...

ZendFrameWorkを入れようと、IBM i(AS/400)上で、”〜tar.gz”をungzipして、tarしたら... 「警告うんぬん」言われて、"@LongLink"ファイルが、解凍先に出来ているではありませんか。 どうやら、”PASE標準(AIX標準?)”って、100文字縛りがあるらしい。 …

第一回Haskell読書会@静岡Developers勉強会

本日無事、第一回Haskell読書会を迎える事ができました。 関係スタッフの皆様、お疲れ様でした。また参加者の皆様、ご参加ありがとうございました。まだまだ、運営で至らぬ事もあるかと思いますが、ご要望等ございましたら、遠慮なく発言してください。以下…

db2_prepare & db2_executeの怪

PHPでDB2のテーブルにSQLを投げる際に、代表的な関数が2つあります。 1つは db2結果 = db2_exec(db2接続,SQL文字列) もう1つは db2結果 = db2_prepare(db2接続,SQL文字列)こちらは、SQL文に「?」でパラメータマーカを指定出来ます。次に... db2_execut…

AMFPHPを使ってdb2_connectなどのエラーハンドル

「AMFPHPを使って、db2_connect(phpのDB2用関数)などのエラーハンドルが、AMFPHPのメッセージになってしまうけど、どうしてる?」という質問を受けたので、こんな感じにしてますというのを載せておきます。 ■[db2_connect()] $db=db2_connect($dbname,$dbu…

新年のご挨拶&告知

今更ですが、新年明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いいたします。 去年は、素晴らしい人たちとの出会いがあり、大変良い一年でした。 今年も、素晴らしい出会いや発見をしていけるよう、日々精進していきたいと思います。差し迫ってアレな…

Zedo Core i5 で、PHPとFlex連携(その3)

前回の続きで、今度はFlexでAMFPHP上のサービスを呼出します。今回はグラフをやってみたかったので、リンク付きであればフリーで使える「amCharts」という、swfベースのコンポーネントを使ってみました。しかも丁度Flex版があり、SWCのライブラリとして使え…

Zedo Core i5 で、PHPとFlex連携(その2)

前回の続きで、今度はPHPのサービスプログラムを作成します。 サービスプログラムの作成 今回は適当な”売上データ”を連想配列で返す、サービスを作成します。 引数 開始年月:YYYYMM(文字 6Byte) 終了年月:YYYYMM(文字 6Byte) 戻り値 売上データリスト…

Zedo Core i5 で、PHPとFlex連携(その1)

IBMi(AS/400)で”Zend Core”が、メーカーサポートということもあり、PHPネタをやったので、メモしておきます。 ちなみに”Zend Core i5”とは、AS/400上で動作するPHPのエンジンです。 Flexが有ったから 会社でゴソゴソと物色していると、「若者たちのスキル向…

IBM i 5250での ftp client

IBM i(AS/400)の5250をclientとして、別のAS/400へftpする時に、デフォルトのファイルフォーマットが、「ライブラリ/ファイル.メンバー形式」だったりします。PCクライアントなどを使っている時は、勝手にやってくれるので意識しないのですが、ふと5250で…

Zend Studio for Eclipse i5/OS 版をインストール

”Zend Studio for Eclipse i5/OS 版”は、i(AS/400)のユーザーならば、無償で使えるという記事(しかも、1年保守<ウェブ・ベースのサポート、保守、パッチ、修正>が付いている様です。)を見たので、早速インストールしました。 自分の勘違いで、最初は日本…

IBM iに入れたSubversionが

今朝久々に会社に行ったら、先週入れたはずの”Subversion”が、立ち上がっていない。 手動で”STRSBS”をやってやると、立ち上がるのでどうやら、IPLでの問題みたいだ。 その後、手動で上がるということは、IPL時に立ち上がっていないサービスの影響を受けてい…