ushidayの日記

主に「IBMi」のメモに・・・

静岡Developers勉強会誕生

先日の準備会を無事経て、「静岡Developers勉強会」が誕生しました。 関係者の皆様ご苦労様でした。 自分はホットしたのか、風邪をひいて数日間、死亡フラグが”*ON”でした。 まずは、メンバーの興味度合いの高い関数型言語「Haskell」を読書会形式で、「静岡…

IBM iにSubversionサーバーを設定 その2

前回の続きで、IBMi(AS/400)のSVNデーモンの起動とチェックアウト&コミットをします。 SVNデーモンの起動 インストールの際に、「OPENLIB/OPENSYS」(※適宜 QGPL/QBATCHなどに置き換えて下さい)というサブシステムで、自動実行される様にしたので、”ENDS…

IBM iにSubversionサーバーを設定 その1

IBM i(以下AS/400)のPHP関係の調べものをしていたら、「AS/400にSVNリポジトリを構築して〜」というマニアックで面白そうな話を見かけたので、AS/400 + Subversionでソース管理が行えるようにトライしてみました。■動作環境 ・サーバー:OS/400 V5R4M0 ・…

E Text Editorを入れてみた

TextMateのWindows版・クローンの「E Text Editor」を入れてみたのでメモしときます。 E Text Editorのインストール 「E Text Editor」をここから入手します。(30日のトライアル期間があります。) ダウンロードしたファイルを実行して、インストールをしま…

開発者向けIT勉強会in静岡の立ち上げ

前回の静岡IT Proの勉強会に参加した際に、懇親会で席をご一緒させて頂いた方々と「言語系・開発者向け勉強会を静岡に欲しい」と盛り上がりました。(同席の中には、g*率ゼロ%だったので、勉強会をやっていくうちに、良さや楽しさを少しでも伝えて、共有し…

WinSCPを使って”IBM i”のライブラリーへ「*SAVF」を転送

IBM i(以下AS/400)を使われる方は、ご存知、便利な保管デバイスの”SAVF”。 SSH経由でWinSCPを使って”SAVF”を転送する場合のメモを書いておきます。 WinSCPのデフォルトでやってみて SAVFのファイル名は、AS/400の命名規則にしたがっている必要が有る。(英…

TextMateの設定

以前、トライアル版で入れていた”TextMate”を久々に開いたら、とっくの昔に期限が切れていて、「登録しますか?」を聞かれるので、購入しました。で折角なんで、G*な感じで、ちゃんと使う様に設定したので、メモを...。 参考サイト 日本語入力と表示 Text…

GNU CコンパイラーをPASE環境に

PASE環境にbashを入れようと思い、bashのtarボール落としてきて、「./configure」をPASE上で、やったら、「gccがねえぞ!」って言われました。 「find」で探しても、PASEにはデフォで無さそうなので、”GNU Cコンパイラー”をPASE環境に入れた時のメモです。 …

PASE環境とAIXのバージョン相互関係

”IBM i”のPASE環境とAIXとの相対表をメモっときます。 詳しくはこちら(V5R4 Information Center) 詳しくはこちら(V6R1 Information Center) (×が、使えるって事で、日本人的な表現と逆ですね。) AIX のリリース OS/400 V5R1 OS/400 V5R2 i5/OS V5R3 i5…

VMware Playerを入れたのでメモ

「無償仮想化ソフトVMware ESXiを30分以内で使う」というフィードが、気になっていて、スターマークにしたまま半月以上。 しかも会社に空いたサーバーが1台あるから、いつか”VMware ESXi”を試してみようと思って、それっきりだったので、真面目に内容を読ん…

WinSCPの日本語名ファイルの文字化け回避

前回のWinSCPインストールで、WinSCP自体は正常に動くのだが、IBM iのIFS上にある、日本語名のファイルが文字化けしてしまい、(=´ω`=)y─┛~~ な事になっているので、回避する設定をメモ。 こんな感じに文字化け WinSCPを起動して、保存したセッションを”編…

Windows用SCP/SFTPクライアント「WinSCP」

IBM iのOpenSSHにSFTPで操作するのに、CUIはチトかったるいので、Windows用GUIクライアントの「WinSCP」を入れてみましたのでメモ。参考サイト:Windows用SCP/SFTPクライアント「WinSCP」で安全なファイル転送 「WinSCPの入手」 オープンソースの「WinSCP」は…

WDScが使用しているポート

先の記事のSSHポートフォワードで、5250エミュレータをやったんで、「WDSc(今はRDi)はどうよ?」という事で、ホスト接続先のポートを調べてみるや、何処にも情報が無いじゃないありませんか。マニュアルに載ってたらスミマセン。m(_ _)m ”Port Viewer”なる…

IBM iのSSH設定その3

前回の続きです。IBM i(※以下AS/400)にSSHサーバーを立てたので、公開鍵認証にします。それから、外部環境からインターネット越しに、SSHで接続して、5250エミュが使えるかやってみました。 sshd_configの変更 まず、パスワード認証やユーザー制限を掛ける為…

IBM iのSSH設定その2

IBM i(※以下AS/400)のSSHサーバーの設定が終わったので、デーモン実行コマンドの作成と、SSHデーモンをサブシステムに登録をします。 こういう設定も1度やってしまうと、暫くする事は無く、忘れやすいのでしっかりメモです。 V6R1の場合は、”STRTCPSVR””E…

IBM iのSSH設定その1

IBM i(以下AS/400)にSSHを設定したのでメモしときます。 SSHは、OpenSSHがデフォでPASE環境に導入されています。 このあたりを参考に設定しました。 SSHのバージョンとインストール先 OS/400「V5R3 & V5R4」の場合は、OpenSSH-3.5p1が「/QOpenSys/QIBM/Pro…

G*workshop Summer Specialに行ってきました。

「G*workshop Summer Special」に行ってきました。 コーディネータ、運営委員、その他関係者の皆様、大変有意義な時間を有難うございました。 Groovyのお題に対するハンズオン形式のセッション、GAE/J & Grails、Gaelykなど内容盛りだくさんで、大満足でした…

IBM i (AS/400)がTwitterへ呟く

以前、g*wsでJavaやGroovyで使える、Twitterライブラリ”Twitter4j”のお話を聞いたので、”IBM i(※以下AS/400)”から、Twitterへ呟いてみました。(´-`).。oO(・・・・・・) Twitter4jの使い方などは、他に詳しく説明されている方が、おられますので割愛します。 Twit…

GroovyでExcelの操作その3

前回の「GroovyでExcelの操作その2」の記事で、nobusueさんに「Apache POIもあるよ」と、コメントを頂きました。 せっかく教えて頂いたので、こちらを参考に、POIで同じ事をやってみました。 ■実行環境 Groovy Version: 1.6.3 JVM: 1.6.0_12 PC OS: Windows …

iPod touch 何処でも使えるように...

”iPhone 3GS”を友達が買った。ウラヤマすぃ。 自分も欲しいけど、大人の事情でキャリアを”docomo”から”SoftBank”に変える事は出来ない。でも個人で携帯2台持つ程、余裕は無い。 という事で、せっかく持ってるイーモバイル(D22HW)↓に モバイルルーターの「…

GroovyでExcelの操作その2

「ExcelのシートをAS/400のDB2へ上げる」の続きです。 Scriptomは、JACOBというcomコンポーネントを扱えるJavaライブラリーを内部で使って、動作しているよう?jacobもscriptomもよく解ってません。 Scriptom.inApartmentメソッドにクロージャを渡す形で、CO…

GroovyでExcelの操作その1

お客さん要件で、「Excelに雛形マスター作ったんで、AS/400に上げたいんだけどぉ...」と言われて、Groovyでサクッと、Excelの雛形マスターをAS/400のDB2に上げられるかやってみました。■実行環境 Groovy Version: 1.6.3 JVM: 1.6.0_12 PC OS: Windows XP …

JGGUG@名古屋

JGGUG@名古屋に行ってきました。というかまだ名古屋にいます。 Groovyのお話も、自分の持参したPCで同じ事をハンズオンしながらで、なるほど見たいなところもあったし、Flex&Airは全然詳しくないですけど、凄く興味深く分かりやすかったです。すぐに環境作っ…

初LT

g*Workshop 4th(東京)で、LTをやらせて頂きました。IBM i(AS/400)がらみのかなりマニアックな内容で、良かったのか?疑問符は残りますが、7〜8割ぐらいは、自己紹介みたいなモノですね。何とか無事?終わって、良かったです。 しかーし!スライドに初…

IBM iのGrails Plugin その2

IBM i(AS/400)Grails Plugin「Systemi Grails Domain Plugin 」の続きです。 grails generate-systemi-all 「grails generate-systemi-all」コマンドは、DomainClassから、静的scaffoldでcontrollerとviewを作成します。 前回moも書きましたが、DomainClass…

IBM iのGrails Plugin その1

IBM i(AS/400)のプラグインをGrailsの公式サイトで調べると、意外なことに3つも存在してます。GrailsとASの両方をやってる人がいて、さらにPluginまで作っている人がいると思うと、世界は広いなと思います。もし自分に英語力があったらコミュニケーションと…

IBM iにGrails1.1.1を入れる

IBM i(AS/400)に、最新のGrails1.1.1を入れてみた。 インストールは、 公式サイトのtar.gzバイナリをDownloadして 解凍して 配置して 環境変数設定して $GRAILS_HOME/bin/startGrailsの修正(こちら参照) するだけです。とりあえず「create-app」と「crea…

morph有料化

「[Morph AppSpace] Your subscription has been REMOVED」というお手紙が来てました。 そういえば、「”Morph AppSpace”が有料化するよ。新たなクラウドのサービス始めるよ。」的なメールが、以前来ていたような...。英語なんで内容は半分以上スルーして…

HudsonをWindowsサービスで実行

HudsonをWindowsサービスで実行させようと、思いやってみましたが、またまたハマッタのでメモしときます。 サービスのインストール自体は、非常に簡単です。 Hudsonの管理を開く Windowsのサービスとしてインストールを選択 サービスのインストール先を指定…

初めてのHudson

Antタスクのスケジュール用に、会社のWindows PCにこちらを参考に、Hudsonを入れてみましたので、忘れないように(小ハマリもあったので)メモしときます。 本来は、SVNなどのリポジトリに変更があった場合や別のビルドと連動して、ビルドしたりするケースな…